簡単 SNOW川崎横浜ペットシッターの予約・お問い合わせはこちら!
ペットシッターのお店カール 電話でのお問い合わせは
ペットシッターのお店カール LINEチャットでお問い合わせ
ペットシッターのお店カール メールでお問い合わせ
ペットシッターコラム

猫を留守番させる時は一人遊びできるおもちゃを用意しよう!おすすめも紹介

一人暮らしで初めて猫を飼う人へ~失敗しないための心構えや準備について~

猫を飼っていると、猫に一人で留守番してもらわなければいけない時がありますよね。2泊程度のお留守番なら、ご飯やトイレ、お水をいつもより多めに、複数の場所においておくことで、大きなストレスなく留守番は可能ですが、一人遊び用のおもちゃも準備してあげてくださいね。飼い主がいない間でも猫が遊べ、少しでもストレスなく生活できるように留守番時用の一人遊びできるおもちゃを用意しておきましょう!ただし、猫が安全に一人遊びできるおもちゃを選ぶのがポイントです。

猫の一人遊びは成長にも必要

猫の一人遊びは成長を促進させるとも言われています。猫はとても知能が高く、想像や仮定をして遊ぶことができる動物です。特に子猫の頃は狩りの練習としてさまざまなものを獲物だと仮定して遊びます。紙くずや段ボール、袋など子猫の頃は何を与えてもおもちゃにして遊びます。成長していくにつれて実際に虫を捕まえようとして遊ぶようにもなります。ストレス解消や運動不足を防ぐ為にも、一人遊びは重要です。猫に合ったおもちゃを用意して、留守番中でも退屈しないようにしてあげましょう。

ポイント①猫の年齢に合ったおもちゃを選ぶ

猫おもちゃを選ぶ時は、猫の年齢に合ったおもちゃを選びましょう。おもちゃは時に猫の成長を促してくれます。噛んだりじゃれたりする遊びが好きな子猫には、小さな噛むおもちゃや知育を促すおもちゃがおすすめです。成猫になると猫じゃらしやボール、音が出るものなど狩りを意識したおもちゃを与えると喜びます。老猫になるとおもちゃで遊ぶことは少なくなるので、リラックス効果のあるおもちゃを選んであげてください。

耐久性を確認

おもちゃで遊ぶのが大好きな猫の場合、遊び過ぎて購入後すぐにおもちゃが壊れてしまうこともあるのではないでしょうか。猫用のおもちゃを選ぶ時には、おもちゃの耐久性を確認しましょう。猫が少し噛んだり遊んだりするだけで壊れてしまうようなおもちゃは、部品を誤飲してしまう可能性もあるのでおすすめできません。

猫の好みに合ったおもちゃを選ぶ

猫におもちゃを見せても全く興味を示してもらえない時もあるのではないでしょうか。猫にもおもちゃの好みがあります。猫の好みがわからない場合は、いろいろなおもちゃを用意してみるのがおすすめです。おもちゃの種類が少ないと1点に集中して遊ぶので壊れやすくなったり、飽きやすかったりします。猫は狩りが好きな動物なので、鳥が飛ぶ時の動きや蝶が羽根をばたつかせた時のような動きをするおもちゃは気に入ってもらえる可能性が高いです。猫に留守番させる前にお気に入りのおもちゃを見つけておきましょう。

安全なスペースを確保する

飼い主が外泊して猫だけで留守番をしている間、おもちゃで遊んでけがをしてしまわないように注意が必要です。家の中に狭くて家具にぶつかってしまいそうな場所はないでしょうか。猫はおもちゃで遊んでいるうちに興奮してきて室内を走り回ってしまうことがあります。飼い主が家にいる場合は見守ってあげられますが、留守番中にはそうもいきません。猫がおもちゃで遊んだ時に怪我をしたり物を壊したりする可能性がないようにしておきましょう。

猫のおもちゃを手作りする

猫に留守番をさせることになったけど、おもちゃを買ってあげる経済的な余裕がない…という時やおもちゃを買いに行く時間がない時には、家にある物でおもちゃを作ってあげましょう。手作りのおもちゃは経済的なだけでなくエコです。猫が遊び過ぎて壊してしまっても、再度新しい物を作ることができます。

段ボールのおもちゃ

宅配物を開封後ゴミになってしまう段ボールを使ったおもちゃは、ネット通販をよく利用する人におすすめです。猫が入れる大きさの段ボールに、カッターを使って顔が出せる大きさの穴をあけます。猫は狭くて暗い場所が大好きです。穴をあけていない段ボールでもおもちゃにしてしまうことがあります。手や足を出せる小さな穴をあけておくのもおすすめです。段ボールを放置しているだけで勝手に入って遊ぶことができるので、留守番用のおもちゃに適しています。

靴下で作るボール

履き続けているうちに布地が傷んで穴が開いてしまった靴下、そのまま捨ててしまうのはもったいないです。穴が開いてしまった靴下は、小さく丸めてたたんで猫用のボールにしてしまいましょう。汚れてしまっても靴下なので洗濯機で簡単に綺麗にできます。猫のおもちゃの定番である猫じゃらしの場合、人間が猫じゃらしを動かしてあげる必要があるので留守番用のおもちゃには向いていません。靴下で作ったボールは猫だけで遊べますし、噛むおもちゃとしても遊べます。使えなくなった靴下を再利用できるので、お財布にも優しいおもちゃです。

おもちゃで留守番時の退屈を解消

猫は基本的には飼い主が外泊しても寂しがらずに留守番ができる動物です。しかし遊べる環境やおもちゃを用意してあげないと、退屈でストレスが溜まってしまう可能性もあります。飼い主がいない時でも猫が自由に遊べる環境を作っておいてあげましょう。外泊から帰宅したら、留守番してくれた猫とたくさん遊んであげてください。