簡単 SNOW川崎横浜ペットシッターの予約・お問い合わせはこちら!
ペットシッターのお店カール 電話でのお問い合わせは
ペットシッターのお店カール LINEチャットでお問い合わせ
ペットシッターのお店カール メールでお問い合わせ
ペットシッターコラム

猫ちゃんは一泊くらいならばお留守番できる?お留守番させるときに準備することや気を付けることまとめ

猫は一泊二日くらいならば留守番できる?

かわいい猫ちゃんと一緒に楽しい日々を送っていて、家に帰るのが楽しみな方も多いでしょう。離れたくはないけれど、仕事の都合や旅行などで数日家を空けることがあるはずです。一泊二日だとたった2日なら大丈夫かなと思う反面、2日も家を空けても猫はお留守番できるものなのか、と心配になるでしょう。一般的に猫は、1才過ぎれば一泊二日くらいお留守番できると言われています。反対に1才未満の子猫はやめた方がいいです。お留守番させるならば、1才を過ぎてからにしましょう。大丈夫とは言っても、何も用意せずに放置するのはもちろん危険です。人間と同じで、食事や水分を取れなければ健康に関わります。一泊二日の予定で家を空けるとき、猫ちゃんだけを留守番させようと思っているならば、しっかり事前に準備をしておきましょう。

準備するもの

2日間家を空けるならば、事前に準備しておきましょう。最低限準備してほしいのが「食事」「水」「トイレ」です。これらを最低2日分は用意してから出かけてください。交通機関の遅れや何かの事情で帰宅が遅くなることもあるので、できれば少し多めに用意しておきましょう。

エサは小分けして2日分より多めに用意

エサは腐敗をできるだけ防ぐために、ウェットタイプよりもドライタイプを2日分用意してください。2日分まとめて1つのエサ場に置くのではなく、2〜3ヶ所に分けて置きましょう。猫ちゃんが触っても動きにくい、陶器やステンレス製の器やエサ場を用意してください。そして帰宅時間が予定よりも遅くなる可能性を考えて、2日分より少し多めに用意すると安心です。最低でも半日分は多めに用意して出かけましょう。

水飲み場を複数用意する

エサと同じく、水飲み場も複数用意してあげましょう。水飲み場は最低でも2ヶ所用意してください。自動給水器もありますが、電源が切れてしまって使えなくなる可能性もあります。自動給水器を使う場合は、電源の必要がないお皿に水を入れた水飲み場を2ヶ所くらい予備として置いておくと安心です。

トイレは3〜4ヶ所用意する

猫ちゃんはトイレが汚れていると使用しない子が多いです。そのため、きれいなトイレを複数用意してあげる必要があります。一泊二日の場合は、トイレは3〜4ヶ所用意しておくと安心です。トイレは1ヶ所しかないという場合は、少し離れた場所へプラスチックの衣装ケースや高さが低いカゴにペットシーツを入れて設置するだけでも簡易トイレになります。トイレを我慢させてしまうと病気の原因になってしまうので、きれいなトイレを多めに用意してあげるのを忘れないでください。

鍵を閉める

窓の鍵は絶対に閉めるのを忘れないでください。鍵が開いていると、窓を開けて外へ出ていってしまう猫ちゃんもいます。帰ってきたら猫ちゃんがいない、ということにならないように鍵はしっかり閉めた事を確認してから外出してください。

お風呂場の水は抜いてドアに施錠をする

お風呂の浴槽に水を溜めておく人も多いですが、留守にする場合は水を抜いておきましょう。猫が浴槽を覗き込んで誤って転落する可能性があるからです。

電気は付けておく

防犯面を考えて、電気は1部屋だけでいいのでつけっぱなしにしておきましょう。夜も電気がついておらず暗いことが外からわかると、住人が留守にしていることがわかってしまいます。猫ちゃんのお世話とは直接関係ないかもしれませんが、万が一のときのことを考えて、1部屋だけ電気を付けておきましょう。

インターフォンのボリュームはオフ

猫ちゃんは飼い主が帰宅しない、いつもと少し違う我が家の雰囲気に戸惑ってしまう子が多いです。大きな音にビックリして、不安が余計に強くなってしまう子もいます。インターフォンのボリュームはオフにするか、できる限り小さくしておきましょう。

電源は可能な限り抜く

電化製品の電源は、切っておきましょう。そのときには、コンセントプラグまで抜いてください。いつもはイタズラをしない猫ちゃんも、飼い主が帰ってこないいつもと違う状況で不安が強くなり、コンセントプラグを噛んでしまう子もいます。ただ噛んでしまうだけならばいいと思うかもしれませんが、プラグを差したままにしておくと、漏電の可能性もあるのです。危険なため、冷蔵庫など必要最低限のもの以外はコンセントプラグを抜いて片付けておくと安心できます。

エアコンや毛布で室温を調節する

夏場や冬場は、エアコンで室温を快適な温度に調節してから出かけましょう。特に夏場は、30度以上の日も多いです。猫ちゃんにとっては、30度以上は不快以外の何物でもありません。冷房をしっかりつけてから出かけてください。冬場は暖房でもいいですが、毛布を多めに寝床に用意するだけでも大丈夫です。

どうしても心配ならばシッターサービスを利用する
一泊二日くらいならば、猫ちゃんはお留守番ができるとされています。可能な限り準備をしても、残していくのは心配という方もいるでしょう。どうしても心配ならば、どこかで1回ペットシッターに自宅へきてもらい、食事やトイレのお世話だけでもお願いすると安心です。

最後に..弊社SNOWペットシッターの紹介

弊社、横浜川崎で営業するSNOWペットシッターの代表関口は、10年以上札幌でペットシッターサービス(サービス名:札幌ペットシッター)を運営してきており豊富な経験と実績があります。ペットシッターのサービスは委託形式やフランチャイズ形式が多く、個人によってサービスの品質や情報の管理の均一性は不安定なものとなりがちです。逆に、お店の規模が小さくなると同じペットシッターに毎回依頼できるメリットはありますが、ペットシッターに万が一の際や繁忙期には依頼を受けられないデメリットが生まれます。
SNOWペットシッターは、それらの問題点を解決した今までにない全く新しいペットシッターサービスです。
情報を本部一括管理しSNOW専属のペットシッターが毎回お伺いし、ペットシッターの内容や情報は全て本部が管理します。
また、料金も周辺店舗に比べ安く設定し、2,500円〜交通費無料で対応しています。

横浜SNOWペットシッターはこちら

料金

プラン名 基本料金 出張費 1匹追加 延長
基本料金 2,500円 0円 0円 1,000円/30分

別途初回登録費用:1,000円

横浜市内対応エリア

瀬谷区・都筑区・鶴見区・戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区・青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区

お支払い方法

・カード払い
・銀行振込
・当日手渡し

・出張費無料(0円)
・初回登録費1,000円
・横浜市内全域を対応
・カード払い可