簡単 SNOW川崎横浜ペットシッターの予約・お問い合わせはこちら!
ペットシッターのお店カール 電話でのお問い合わせは
ペットシッターのお店カール LINEチャットでお問い合わせ
ペットシッターのお店カール メールでお問い合わせ
ペットシッターコラム

2泊3日の予定で家を空けるけど、猫ちゃんだけでお留守番はできる?留守番させるならどうすればいい?

2泊3日の予定で家を空けるけど、猫ちゃんだけでお留守番はできる?留守番させるならどうすればいい?

2泊3日家を空けるけど猫ちゃんはどうしよう?

旅行や仕事の都合などで、2泊3日の予定で家を空けるとき、猫ちゃんを飼っていると留守中のお世話が心配です。近くに親しい友人や家族がいれば、3日くらいお願いできるでしょう。しかし、近くに頼れる人がいない場合は、猫ちゃんだけでお留守番をしてもらう必要があります。猫ちゃんだけで留守番ができるのか、留守番をさせる場合は何を準備するのか、よく調べておきましょう。

猫ちゃんだけでも3日くらいならば可

2泊3日の予定で家を空ける場合は、だいたい3日くらい家を空ける計算になります。猫ちゃんだけで3日も留守番できるのか、というと3日くらいならば大丈夫ではあります。ただし1才以上の猫に限りますし、子猫の場合は、1泊2日の留守番もやめた方がいいでしょう。また、大丈夫とはいえ、不安やストレスは多少なりともためることになります。できることならペットシッターサービスの利用がおすすめです。

猫ちゃんだけで3日お留守番をするための準備
猫ちゃんだけで3日お留守番をさせる場合は、事前に飼い主がしっかり準備をする必要があります。準備をするものはいろいろありますが、絶対に「食事」「水」「トイレ」は十分すぎるくらいにしておきましょう。

エサは自動給餌機が便利

エサは小分けにして、場所を離しておきましょう。1つの器に3日分まとめて置くことや、器を分けても1ヶ所にまとめてしまうと、1回の食事で全て食べてしまう猫ちゃんもいます。そうなると飼い主が帰宅するまで、エサがなくて空腹状態になるのです。それはかわいそうなので、複数の器に小分けにして離しておきましょう。もしあれば自動給餌機を利用すると、食べすぎや足りなくなる心配がありません。スマホのアプリでエサを出せるものもあります。エサの種類はできればドライフードを用意してください。ウェットタイプだと腐敗が心配だからです。自動給餌機を使う場合でも、停電や電池切れ・故障した場合、帰宅が遅くなってしまった場合などに備えて、2〜3回分は器に用意しておきましょう。

水は多めに小分けに準備しておく

エサと同じように、水も多めに用意しておきましょう。自動給水器を使うと便利です。ない場合は器に日数分の水を小分けに準備しておくのでもいいですが、水は日にちが経つとともに劣化しやすいので、できれば自動給水器を用意しておきましょう。猫ちゃんが間違えてこぼしてしまう、自動給水器の故障などを想定して、予備として器に水を入れておくのはいい方法です。

トイレはいつもより3ヶ所くらい多めに準備

留守中はトイレが汚れてもきれいにしてあげることができません。3日間汚いままにしておくと、猫ちゃんが気にしてトイレを我慢することや、トイレ以外の場所に粗相してしまう可能性が高いです。特にトイレを我慢してしまうと、病気の原因になります。トイレは3〜4ヶ所くらい用意しておきましょう。わざわざトイレを新しく買うのは大変なので、トレーのような高さのないプラスチック製の板の上にペットシーツを敷くだけでもいいです。

寂しくないようにお気に入りのおもちゃを用意

猫ちゃんが1匹のみの場合は、飼い主が帰ってこなくて寂しい思いをしないか心配になります。猫ちゃんは意外と寂しがり屋です。いつもの時間に帰ってこないことを不安に思うことや、遊んでくれる人がいないと寂しくなってしまいます。できるだけ猫ちゃんが寂しい思いや不安にならないように、お気に入りのおもちゃを用意しておきましょう。いつも片付けておくおもちゃも、お留守番中は特別と思い多めに出してあげると、猫ちゃんが遊べるので気が紛れやすいです。

多頭飼いの場合は猫同士のトラブルに注意

猫ちゃんを多頭飼っているお家の場合、猫ちゃん同士のトラブルにも注意しましょう。今までトラブルがない仲良しの猫ちゃんの場合はそれほど心配ないでしょうが、あまり仲が良くない猫ちゃん同士の場合は、注意が必要です。飼い主が帰ってこない不安やストレスで、猫同士がケンカすることもあります。心配な場合は1匹ずつ部屋を分けてあげるなど、対策をしておきましょう。ペットカメラを用意して、時々部屋の様子をうかがうのもいいです。もしケンカをしているようならば、声を出せるカメラもあるので準備してください。

エアコンで室温調節を必ずしておく

室温調節は忘れずにしておきましょう。夏場は冷房28度くらい、冬場は寒冷地でなければ毛布を多めに寝床に敷いてあげるだけでもいいです。特に猫は暑いのが苦手なので、夏場の冷房はつけっぱなしにしてあげましょう。

2泊3日以上の留守番はペットシッターに様子を見に行ってもらおう

猫ちゃんだけでも2泊3日程度ならばお留守番はできます。しかし、理論上は大丈夫というだけであり、できれば1日に1回でいいので、食事や水・トイレのお世話だけは誰かにやってもらうと安心です。近くに頼れる人がいない場合は、ペットシッターがいいでしょう。ペットホテルという手もありますが、猫ちゃんは慣れた家以外へ行くことがストレスになってしまいます。我が家に来てお世話をしてくれるペットシッターの方がいいでしょう。1日1〜2回くらい30分程度でいいので、お世話をお願いしておくと2泊3日家を空けても安心できます。

最後に..弊社SNOWペットシッターの紹介

弊社、横浜川崎で営業するSNOWペットシッターの代表関口は、10年以上札幌でペットシッターサービス(サービス名:札幌ペットシッター)を運営してきており豊富な経験と実績があります。ペットシッターのサービスは委託形式やフランチャイズ形式が多く、個人によってサービスの品質や情報の管理の均一性は不安定なものとなりがちです。逆に、お店の規模が小さくなると同じペットシッターに毎回依頼できるメリットはありますが、ペットシッターに万が一の際や繁忙期には依頼を受けられないデメリットが生まれます。
SNOWペットシッターは、それらの問題点を解決した今までにない全く新しいペットシッターサービスです。
情報を本部一括管理しSNOW専属のペットシッターが毎回お伺いし、ペットシッターの内容や情報は全て本部が管理します。
また、料金も周辺店舗に比べ安く設定し、2,500円〜交通費無料で対応しています。

横浜SNOWペットシッターはこちら

料金

プラン名 基本料金 出張費 1匹追加 延長
基本料金 2,500円 0円 0円 1,000円/30分

別途初回登録費用:1,000円

横浜市内対応エリア

瀬谷区・都筑区・鶴見区・戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区・青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区

お支払い方法

・カード払い
・銀行振込
・当日手渡し

・出張費無料(0円)
・初回登録費1,000円
・横浜市内全域を対応
・カード払い可